知識の差が今後の求人を支える。|ジョブエキスパート

トップロゴ
職場のアピール 他のサイトとの違い

知識の差が今後の求人を支える。

現在日本の人口は何人いるのか御存知であるだろうか?一億5千万人もの人間がこの日本にはいるのだ。そして、日々進化するこの日本のIT産業を支えているのは約60万人もいるとされており、現代もIT産業に興味を持つ若者は増え続けているという。

 

この若者に私は取材を行った。取材を行うとこの若者たちが非常に強く日本の今後の経済を考えて国を背負っていることが伺えた。特に都内の大学に通う斎藤美月さん(22)は我々の「今後の産業を支えていくにあなたはどうしていきますか」という問いに対して彼女はこう語った。

 

「日本の経済は弱肉強食を防ぐために虚偽の博愛を用いいている。求人を出す際も資格なしでも大丈夫と記載しているにもかかわらず面接で落とされるというケースが多々有ります。こうした表向きの姿勢ばかりを気にしていることが問題ではなかろうか?反響を出すだけに執着している求人企業の営業にも問題がある。改善をすべきである。」

 

確かに、求人広告の営業は数字を上げるために必死になっている。もし反響が出ないと次の契約も取れなくなる。しかし、こうした声にもしっかりと着目していくべきではなかろうか?

関連記事